フレンチブルドッグ服 & パグ服 athos shop

HOME
Copyright 2007.Athos Shop All Right Reserved.

フレンチブルドッグ服
アトスショップ検索

athos shopライン
■マイアカウント
■カートの中身を見る
・カートに商品はありません
athos shop携帯版QRコード
当店からのメールが受信できない場合がございますので、携帯電話のメールアドレスでのご注文の際はお手数ですが予め「info@athoshop.jp」のメールアドレスを受信許可にしていただきますようお願いいたします。

フレンチブルドッグBOOK

| | | |
フレンチブルドッグ専門誌 フレンチブル専門誌
BUHI(ブヒ)2013年冬号

オークラ出版
(2012/12/27)
特集「BUHI公式回答 フレンチブルドッグQ&A」

一度はまったら、なかなか抜け出せない魅力を持ったフレンチブルドッグ=ブヒ。
でも、ブヒにはブヒなりの問題点や気をつけるべきこともたくさん存在します。
最近なんだかブヒのことが気になってしょうがない!という初心者にも、
その存在なしには生きられないブヒオーナーにも、
もっともっと知ってほしい、「フレンチブルドッグのすべて」お届けします!
フレンチブルドッグ専門誌 フレンチブル専門誌
BUHI(ブヒ)2012年秋号

オークラ出版
(2012/9/27)
特集「つながり学」
愛するフレンチブルドッグとのリレーションシップ


ともにひとつ屋根の下で暮らしていれば、
言葉は交わさなくても互いに気持ちが通じていると実感できるもの。
けれど時には、あらためて愛犬としっかり向き合ってみる。
たとえば毎日の散歩や遊びの時間を通して。
きちんとアイコンタクトをして、声をかけ、
パートナーが何を望んでいるのかを考えてみる。
犬と人間、たとえ種族は違っていても、
その間に流れるつながりを、
より強くて揺るぎのないものにしてゆくことができるのです。

・あなたと愛犬の関係は?コラム・川野なおこ
・承知していますよ。コラム・はつん
・読者のリレーションシップ
・フレンチブルドッグとその飼い主は
「一生をかけて」どのような関係を築いたのか。
・はじめまして小夏です!
・人と犬のあいだに流れるもの 臼井京音
・あなたと愛ブヒはどのような関係だと思っていますか?
「つながり」を感じたエピソードがあればぜひ教えてください。
・保護犬の下宿屋やってます。
・ちょっと話してみないか?
犬たちと、人間の関係について。そして、その未来なんかをさ。
つながり学座談会
フレンチブルドッグ専門誌 フレンチブル専門誌
BUHI(ブヒ)2012年夏号

オークラ出版
(2012/6/27)
特集
「多頭生活 みんなむかしからのきょうだいなのだから。」

広がるたのしみ、果てしないうれしさ。

あなたが既に1頭のブヒとの暮らしを楽しんでいるならば、いちどは多頭飼いを夢見たこともあるでしょう。
「大変なことは多いけれど喜びは倍増」とか、「おかげで先住犬が落ち着いた」なんて
話を見聞きするたびに心は揺れ動きます。
しかし、新しい命を迎え入れるのにはそれなりの覚悟が必要です。
そんなときに力を貸してくれるのがブリーダー
やドッグトレーナー、多頭飼いを満喫しているご家族たち。
それぞれの多頭ライフをご紹介します。

・多頭生活って、どうですか?
・では、多頭生活を本気で考えてみる。「D E L L A ' M O R E 」
・大福一家のすてきな多頭生活
・ようこそ、多頭生活へ。 多頭飼い経験者からの誘い
・想像してごらん。IMAGINE DOGSで考える多頭生活の理想郷

●読者の手記 短頭種気道症候群、桃太郎のケース
●気になる「あの子」 手記・佐藤幸子
●ライチくんちの夏レシピ 夏にぴったり涼しげメニュー
フレンチブルドッグ専門誌 フレンチブル専門誌
BUHI(ブヒ)2012年春号

オークラ出版
(2012/3/27)
「あぶない」を知る

わたしたちの大好きなフレンチブルドッグ。いつでも守ってあげたい、たいせつな存在です。
けれども、世界は危険でいっぱい。そこで、ブヒたちが安心して暮らせるように、
病気やけが、食べものや体調管理、緊急時の対処法にいたるまで、きちんと「あぶない」ことについて考えてみましょう。
目からうろこの意識改革や、ヒントにあふれていますよ。

・犬の迷子が年々増えているという事実をご存知でしょうか。
・噛み噛み問題 愛犬の歯の健康を守るために気をつけたいこと
・読者の「あぶない」体験談
・トラブルシューティング、あるいはコミュニケーション。
・思考するお散歩
・安全な「抱っこ」と保定
・危険な食べもの、安全な食べもの
・ブヒを取り巻く「あぶないアクシデント」HANA-PECHA Animal Clinic

●表紙巻頭
「フィンチが与えてくれた安らぎ 」
宝塚歌劇団月組トップスター
霧矢大夢

●「一緒に暮らそう」
その小さなからだを守り抜こうと決めた人たちの物語

●安藤優子さんMMA講演
テキスト再現「私に預けられたもの」

●「ひかりはここに」プレビュー版
片目を奪われたフレンチブルドッグ・洸陽
フレンチブルドッグ専門誌 フレンチブル専門誌
BUHI(ブヒ)2011年冬号

オークラ出版
(2011/12/27)
特集「おたのしみの時間」
たとえ平凡な毎日だとしても、犬との暮らしはじゅうぶんに楽しい。
だけどちょっとしたお楽しみの時間を持つことで、
それは今以上に特別なものになる。
よく晴れた日にはすこし長めの散歩をする。パンを分けあって食べる。
大自然の中でアウトドアライフを満喫する。
あなたと愛犬にとってのお楽しみを、探してみませんか?

・お散歩に行こうよ。みんなどうしてるの? お散歩の実体
・おたのしみのモノ フェイバリット・コレクション
・思いのままにどこまでも。旅するフレンチブルドッグ
・海のそばで暮らしてみたら フレンチブルドッグがサーファーに!?
・ライチくんちの「ペアフードでおたのしみ」
・本気の雪遊び、してみない?
・あそぼう、遊ぼう! ZAIHOO代表・はつんの「僕はちょっとひめいをあげて」

手をのばす。そっと抱きしめる。
「愛情のはなし」

両手を広げると、目を輝かせて腕の中に飛び込んでくる。
あたたかい命のかたまりをそっと抱きしめる。
いつもそこに居てくれる安心感。毎日更新されてゆく愛くるしさ。
お互いがお互いを必要としているからこそ芽生える信頼関係。
私たちは日々かみしめている。与えるだけでなく、
彼らからもたっぷりの愛情をもらっていることを。

・僕とこの子の「普通」の日常
・「小春」東日本大震災。小春ちゃんを守ることで、強くなれた。
・心のなかの、いちばん無防備であたたかい部分。
・奇跡の子 しゅしゅ、そのかわいい犬の生涯。
フレンチブルドッグ専門誌 フレンチブル専門誌
BUHI(ブヒ)2011年秋号

オークラ出版
(2011/9/27)

フレンチブルドッグ・ベーシックス
「幸福な日常」
ぼくらのしあわせメソッド

フレンチブルドッグと暮らしていると、
毎日の生活がほんとうに大事に思えてきます。
退屈はどこにもありません。ゆかいな日常があなたを包み込みます。
特集では、そんな日々の素晴らしさをもっと謳歌するために、
フレンチブルドッグとの暮らしを多角的にピックアップ。
日常のケアや、陥りやすいトラブルのこと、
彼らにとっての幸せとはなにか、ぼくらにできることをBUHI的に探ります。

・そして楽しむこと。 ZAIHOO代表はつんの「フレンチブルドッグがいる日常」
・フレンチブルドッグ物語  
・家族の日常 
・童々がやってきた! 子犬を迎えた家族の史上最強な日常
・ぼくらのフレンチブルドッグのことを佐藤先生と近藤先生(白金高輪動物病院)はかく語りき。
・お世話しましょう日常ケアベーシックス
・おしりをなでたり、星をみるとかして。 イブジュンのアウトドアライフのすすめ
・おもちゃ学 発散から知育まで今どきのトイワールド
フレンチブルドッグ(フレブル)画像 フレンチブル専門誌
BUHI(ブヒ)2011年夏号

オークラ出版
(2011/6/27)

とても悲しくて辛いことだけれど、私たちは知ってしまいました。
今まで何気なく過ごしていたあたり前の日常が、
明日にはなくなってしまうかもしれないことを。
そしてそれは、ともに暮らす犬たちにとっても同じこと。
いざというときに離ればなれにならないように、
大切な愛犬を失うことがないように。日頃から具体的にイメージしたり、
物の備えをしておくことが重要です。
彼らを守れるのは、あなたしかいないのですから。

・「行く」 工藤朋子 3.11を越えて
・君のため。 震災後――愛ブヒのためのメンタルケアを学ぶ ・「守る」ために 「学ぶべきこと」 愛玩動物協会 平井潤子さん
・ガスパール家が震災を経験して思ったこと。
・提言3.11 この災厄を経て 
・あの日、あくる日。東日本大震災が発生した、2011年3月11日14時46分。あなたはどこでなにをしていましたか?
・仙台のフレンチブルドッグ、あの日、あくる日。
・今からでもできる! クレートトレーニング&吠え矯正
・安全な「食」
・熱中症対策ファイル
・第1回 mr.mac academy
  テキスト再現「感じるコミュニケーション」ヒューマン・ドッグトレーナー須崎大
フレンチブルドッグ(フレブル)画像 フレンチブル専門誌
BUHI(ブヒ)2011年春号

オークラ出版
(2011/3/26)

フレンチブルドッグと暮らすということ。毎日のごはんやお散歩、しつけに体調管理に日々のケア…。
やらなくてはいけないことがたくさんあります。でも、そんなのぜんぜん苦にならない。
いろいろなことを勉強して、楽しませてあげて、気づけばそこには心からブヒ生活を謳歌している自分がいました。
理想の飼い主像はいまだにあるけれど、生真面目すぎないくらいの寛容さで、 ひとつづつフレンチブルドッグを知っていきたい。
あのあたたかくやわらかな手触りを覚えているのなら、いつでもあの感触を思い出せるのならば、そしてそのことについて誇りを持てるのなら、あなたこそすてきな飼い主さんです。


・『優良ブリーダーさんに訊く「すてきな飼い主さん」と出会った話
・『すてきな家族』愛ブヒといっしょに
・『個性と感謝』ブブとちぇるとるこあのあるひ
・『運命の選択』パオママのかわいそう、を減らす決意
・『みんな笑顔になるね』PET&LIFE
・『通じ合う幸せのおはなし』
・『文太部長とおかあはんの「すてきな飼い主」になる
…ほか
フレンチブルドッグ(フレブル)画像 フレンチブル専門誌
BUHI(ブヒ)2011年 02月号

オークラ出版
(2010/12/27)

特集 「君と、ね。いつまでも」
あこがれのフレンチブルドッグライフ

わたしたちがフレンチブルドッグを迎えたとき。
可愛くて可愛くて、この子のためならなんでもしてあげられるように思ったものです。
大騒ぎだった子犬時代も過ぎて、ますます愛情は深まるばかり。
けれども少しは落ち着いて彼らの人生を考える余裕も出てきました。
今回の特集は、そんなあなたに送るフレンチブルの総合情報です。
たまには過去を振り返り、見直してみませんか。
あのあこがれのフレンチブルドッグライフへ、一歩近づけるはずです。
もちろん、これから運命の子を迎える予定のある方も必読ですよ。
フレンチブルドッグ(フレブル)画像 フレンチブル専門誌
BUHI(ブヒ)2010年秋号

オークラ出版
(2010/9/27)
フレンチブルドッグ(フレブル)画像 フレンチブル専門誌
BUHI (ブヒ) 2010年 08月号

オークラ出版
(2010/6/26)
フレンチブルドッグ(フレブル)画像 フレンチブル専門誌
BUHI 2010年春号 Vol.14

オークラ出版
(2010/3/27)
フレンチブルドッグ(フレブル)画像 BUHI(ブヒ) 2010年 冬号 [雑誌]
オークラ出版 (2009/12)
フレンチブルドッグ(フレブル)画像 BUHI(ブヒ) 2009年 秋号 [雑誌]
オークラ出版 (2009/09)
| | | |
Amazon.co.jp アソシエイト ←アマゾンで『フレンチブルドッグ』関連商品を検索
フレンチブルドッグ商品検索
フレンチブル専門ジャージ(犬服)販売中